インプラント

トップページ > ずれない入れ歯(オーバーデンチャー)

ずれない入れ歯(オーバーデンチャー)とは

オーバーデンチャー

オーバーデンチャーとは、最小のインプラントで行う固定式義歯の事をいいます。
通常の入れ歯は粘膜で固定しますがオーバーデンチャーは最小2本のインプラントを埋め込み、それを安定装置として入れ歯を固定しますので支持性が上がり良く噛めるようになるのが最大の利点です。

こんな方におすすめ

  • 今の入れ歯が安定しないのでしっかり噛めない。
  • 入れ歯が安定していないので発音に支障をきたす。
  • 会話をしているときに入れ歯が外れる。
  • 食事が楽しめない
  • 食事の時に食べ物が詰まりやすい。
  • 骨量不足でインプラント治療ができないと言われた。
  • インプラントの治療費が高いため治療が受けられない。

オーバーデンチャーのメリット

固定力
入れ歯がインプラントで固定されるためしっかり噛めるようになります。
コスト
最少2本のインプラントで全顎を支えるので治療費が安価になります。
メインテナンス
自由に取り外しできるためメインテナンスが簡便です。
負担が少ない
大きな手術を必要としないため身体への負担も少ない治療です。
治療期間
状態にもよりますが、即日に食事も可能な状態になります。

オーバーデンチャーの種類

ボールタイプ バータイプ
タイプはインプラント取付位置によって変わります。

高性能3次元CTで精度の高い「検査」と「治療」

高性能3次元CTイメージ-※ 一部写真はノーベルバイオケア社様よりご提供いただいております。

当院では、最新の高性能3次元CT「AUGE(オージェ)」を導入しています。
従来の2次元のCTとは違い、3次元CTは、お口の環境や歯根の形状、骨の状態など、お口の中をより細部まで、正確に検査することができ、極めて詳細な治療計画を立てることが可能です。
また、画像をモニターに映し出し、患者様にもご確認いただいていおります。さらに、従来との違いとして放射線量を10分の1以下にまで軽減。
安心で安全な治療のご提供を実現します。