インプラント

トップページ > 歯茎を切らないインプラント(ノーベルガイド)

歯茎を切らないインプラント(ノーベルガイド)とは

ノーベルガイド

ノーベルガイドとは患者様のCTスキャンデータをもとにインプラントを埋入する治療法です。CTで撮影した画像上であらかじめインプラントを埋め込む位置を決定、その位置をガイドする機器を歯茎の上からあてがうことで埋め込み位置を特定します。ノーベルガイドの最大のメリットは、手術時、数ミリ程度の必要最小限の穴を歯茎にあけるだけで可能な、身体に負担の少ない治療法です。

ノーベルガイド3つのメリット

安全性の高い治療計画

最終的な補綴物の3次元的形態と骨の画像を同時に見ながらインプラント埋入位置を決定できるため、審美性・機能性・安全性がさらに向上された治療計画が可能になります。

手術時間・治療期間の短縮

サージカルテンプレートを用いた無切開の技術で「痛み、腫れ、出血」を最小限に押さえた治療を可能にします。また、手術時間、治療期間の短縮につながります。

即日埋入

術前に精度の高い仮歯またはファイナルの補綴物の作製が可能になります。事前に上部構造体を作製するので、患者様はその日のうちに新しい歯を手に入れることが可能です。

従来のインプラント治療との比較

高性能3次元CTで精度の高い「検査」と「治療」

高性能3次元CTイメージ-※ 一部写真はノーベルバイオケア社様よりご提供いただいております。

当院では、最新の高性能3次元CT「AUGE(オージェ)」を導入しています。
従来の2次元のCTとは違い、3次元CTは、お口の環境や歯根の形状、骨の状態など、お口の中をより細部まで、正確に検査することができ、極めて詳細な治療計画を立てることが可能です。
また、画像をモニターに映し出し、患者様にもご確認いただいていおります。さらに、従来との違いとして放射線量を10分の1以下にまで軽減。
安心で安全な治療のご提供を実現します。