症例報告

トップページ > 症例報告 > インプラント >  上下顎フルマウス症例

インプラント

上下顎フルマウス症例

上下顎ともに残存歯がなく、従来では総義歯しか選ばざるを得ない状態でした。
しかしこのような症例でもレントゲン・CTによる精査をし、適切な診断のもと治療を行えばインプラント治療が可能な場合があります。少ない本数を埋入するインプラント治療と比較して、手術時間や費用面など患者様のご負担も大きくなりますが、総義歯と比較して食事時や会話時の自然な感覚はなにものにも代えがたいものです。また仕上がりも非常に自然です。ご自身の歯で噛むことができることはなによりも大きな喜びとなるでしょう。

治療前
治療後
治療前
治療後