院長ブログ

トップページ > 楠本院長ブログ > CGF(concentrated growth factors)治療導入

CGF(concentrated growth factors)治療導入

こんにちは。楠本です。当院では、インプラント、歯周外科、口腔外科治療などの手術の際、顎骨や歯周組織の再生療法を実施しております。その中で今回、最先端技術のCGFを導入しました。CGFとはConcentrated Growth Factorsの略で、従来にかわる次世代の血小板濃縮フィブリン製剤として、再生医療分野での応用が期待されております。CGF治療では患者さん自身の血液(約10cc)を専用の遠心分離機にかけることで、添加物を一切用いない完全自己血液由来の血小板や成長因子を多く含んだフィブリンゲルが精製されます。なお、他の添加物を用いませんので、100%完全自己血液なので感染症についても安心です。

このCGF治療では、フィブリンゲルを用いることで、手術の創傷治癒効果を促進させたり、人工の骨補填材やメンブレン(骨を増やすための膜)の代用に使用したり、骨を増やすインプラント治療などに応用しております。

2012年4月28日